引越しのダンボールは引越し業者のが良い?スーパーでもらえば良い?

引越しのダンボールは引越し業者のが良い?スーパーでもらえば良い?

引越しのダンボールはどうしたらいいと考えてますか?

 

正解を言うと、引越し業者からもらった方が良いです。

 

その理由は、

・引越し業者がくれるダンボールは頑丈だから
・最後に回収してくれるから
・ダンボールをもらいに行く手間が省けるから

 

これが大きな理由!

 

 

ダンボールの料金については、一応1枚200円ほどですが、見積もりが出て契約間近の時に、「ダンボールは無料にしてもらえませんかねえ。ほぼ御社にお願いしたいと思っているので、そしたら、契約します。」と言えば、ほぼ無料にしてくれます。

 

見積書の中の書き方で、ダンボール代金5000円と書かれることもありますが、それは表記の問題です。

 

 

ダンボールは何個必要?

 

目安ですが、一人暮らしの引越しで30個だと言われています。
引越し業者に言って、少し多めにもらって、不要分は返せば良いです。

 

足りないより余るほうがマシです。
引越しの準備をしている時に、ダンボールがない!というのでは、引越し準備がはかどりませんから。

 

引越しに使うダンボールの数ですが、おおむね

1K 10〜15枚
1LDK 15枚〜20枚
2DK、2LDK 30枚〜40枚
3LDK 50枚〜70枚
4LDK 60枚〜80枚

 

見積もりの営業さんに聞くと、大体分かります。
「足りないということが起きると不安なので、5枚ほど多くいただけますでしょうか?余ったら未使用の状態で返しますので」と言えば、快く足してくれます。

 

 

4人暮らしで奥さんの荷物、雑貨が多かったり、お子さんの捨てられない荷物が多いとダンボール100箱必要なこともあります。
引越しの営業はプロですから、「この荷物量ですと、私の場合は何枚必要でしょうか?」と聞くと良いです。

 

 

ダンボールを自力で準備する場合

 

 

ダンボールはスーパーでももらえます。
スーパーですと無料です。

 

 

ですが、スーパーのダンボールをおすすめしない理由があります。

 

 

大きさが良いのがない

 

大き過ぎるダンボールはよくないです。その理由は、たくさん物を入れると運ぶ時に重くて、底が抜ける可能性があるからです。

 

中くらいのダンボールに一杯に詰めて、ダンボールの数を減らしながら、一箱辺りの重さもそこそこにするのが良いです。
中以上の大きさのダンボールに本を入れてはいけません。
本は重たいので小さいなダンボールに入れます。

 

 

食品を入れたダンボールは臭い。水分も含んでいる

 

冷えた食品が入っていたダンボールは強度が弱くなっています。
汁がダンボールに染みて乾いた物もあります。
そうすると、臭いです。
臭いダンボールの中に、洋服や雑貨、本を入れたくないですよね。

 

水分を含んだことがあるダンボールは乾いたとしても、臭いが残ります。

 

 

一度、雨で濡れて乾いたダンボールもある

 

雨で濡れたケースもあります。
雨で濡れるとダンボールはフニャフニャになります。
フニャフニャになったダンボールが乾くとパサパサした状態になります。
強度も弱く、引越し当日が雨で、もう一度濡れた際、荷物が染みたり、運んでいる途中で破れたりします。
注意が必要です。

 

 

引越しは、荷物を詰めて、引越し業者のスタッフがダンボールを運び、トラックに積みます。
強度が必要なので、ダンボールは引越し専用の物がベストです。

 

スーパーでダンボールをもらったとしても、それを持って帰ってくるのも大変です。
それならば、契約した時にもらえるダンボールで引越し作業をするのが一番良いですね。

 

 

リネットのダンボールは強度も強く、良い。

 

最近はネット通販が増えて、洗濯物もネットで出せるようになりました。
その中でもリネットのダンボールは強度もあるので、これなら良いです。
家の中で使ったものでしょうし、強度としても問題ありません。
★★リネットダンボール

 

 

ビックカメラ、ヨドバシ、ヤマダ電機でもらう

 

電化製品が入っていたダンボールなので、強度もOK。濡れていないという点に関しても良いです。
電化製品は大きいから、ダンボールも大きめの傾向があります。
大き過ぎるダンボールはもらってこないように。
緩衝材ももらえる点も良いです。

 

新聞紙を丸めれば、十分に緩衝材になるので、緩衝材を無理してもらう必要はありません。

 

 

特大サイズのダンボールは使わないほうが良い

 

なぜかと言うと、ダンボールの数を減らせるのは良いのですが、1箱1人で運びます。その時に重過ぎるからです。
大きいと扉やエレベーターの扉で引っかかったりするからです。
だから、中サイズ以下のダンボールが良いのです。

 

 

ダンボールにガムテープを貼る

 

引越し屋スタッフのガムテープの張り方は理にかなっています。
底が抜けないようにガムテープを貼るのはもちろんですが、十字に貼るんです。
横に貼ったら、タテにもガムテープを貼っています。

 

引越し屋スタッフは「これはダンボールに入れたほうが良いな」と判断した場合、やってくれます。
ダンボールを組んでくれます。この時にダンボールのガムテープの貼り方を注意して見てください。
十字に貼っていますよ。

 

 

クラフトテープと布テープ〜ガムテープの使い分け

 

ガムテープも引越し屋のサービスでもらえる場合が多いです。
引越し業者がくれるガムテープは強度が高い布製ガムテープです。
それを使えば、全て問題ありません。

 

 

自分でガムテープを用意する場合、安いクラフトテープ(紙)の方が用意しやすいです。
クラフトテープは強度を要しない箇所に使います。
クラフトテープは重ねて貼ることもできないので知っておきましょう。

 

 

布ガムテープは自分で買うと少し高いです。
ダンボールの底に貼る場合、布テープ必須ですが、プチプチにスプーンを包んだ場合などはクラフトテープで十分です。
使い分けても良いですね。

 

 

 

 

引越し屋でもらうダンボールのメリット

 

引越し業者で作られたダンボールはとにかく使いやすい。
引越しのダンボールは引越し業者のが良い?スーパーでもらえば良い?

・引越し屋から配布されたダンボールはサイズが同じなので積みやすい。
寸法が同じ=積みやすい=管理しやすいのです。
強度も問題なし!

 

 

引越しは引越し用のダンボールがおすすめ。
その次に、家電、精密機械が入っていた強度の高いダンボール。強度が高いダンボールはつぶれないし安心です。

 

 

引越し終了後にダンボールが不要になる点も忘れてはいけません。
使い終わったダンボールを持ってもらえるのはとても便利ですよ。

 

 

■ウラワザとして、引越し業者にダンボール再利用でも良いです。と言ってみる手もあります。一度誰かが使ったダンボールのことです。新品ダンボールじゃないのですが、強度は申し分なく、引越し業者としても「この人、知ってるな」と思ってもらえるので、見積もり交渉の時も下手なことは言ってこなくなります。

 

引越しの当日にないと困るグッズ!のページに進む

引越し料金を見積もり依頼して、すぐに返答がある業者はこちら!

安い赤帽参加!ライフル

電話番号任意!スーモ

入力30秒!引越しの達人

赤帽参加のライフル

安い引越し業者「赤帽」が参加!ライフルは引っ越し見積もりの老舗です。信頼感No1!ここは見積もりを取ってみることをおすすめします。単身に強く、サカイ、日通、ハート、福山通運、アート引越しなど有名どころも押さえています。

お引越し

業界初!引越し業者から電話がない一括見積もり!引越し業者が決まった後もしつこい営業電話がイヤな人はここ。割引額も半額になることもよくあります!電話が来ない新しいタイプの引越し一括見積もり!

すぐに引越ししたい

入力がラクラク30秒!最大55%割引になることもよくあります!引越し達人だけの「最安保証」があります。他サイトの見積もりが安かった場合、差額を返金してくれます。ここは申し込んでおいたほうがよいです。

安い見積もりを取りたい場合急ぎの引っ越しでとにかく予約を取りたい場合、条件をまずは一括見積もりで送ってみて、金額を比較するのが良いです。
都合が合う引っ越し業者が連絡をくれます。見積もりを比較してみないとどこが良いのか分かりません。
見積もりを提示してきた引越社の中から安い業者を選ぶだけでも、そのまま引っ越しするより断然お得です!
引越し業者の安い見積もり※結局どこがいい? TOPページに戻る


page top